猫のおやつチャオのチュールは与えすぎに注意!

チンチラ美猫.com ゆうこりんです。

猫のおやつチャオのチュールは与えすぎに注意!

ねこを飼われているかたなら誰でも知っているほど有名な猫の液状のおやつ、いなばさんのチャオチュール




チャオチュール人気の理由

 

 

食べている姿がかわいい!

猫とたのしいおやつがコンセプトになっているチャオチュールは、スティックから直接ねこちゃんがなめている姿=チュールのイメージになっているくらいインパクト大のおやつですよね♪液状タイプのおやつというのも画期的で斬新です。

 

いなばチャオチュールCM

チュールが好きすぎて、がっつくようにスティックごとかみついたり、自分の手(前足)で抱えて食べたり、パッケージを見せるだけで突進してくるねこちゃんとか、、他のねこを押しのけてダッシュしてくる姿は、食べている姿がかわいい♡おもしろい!と、微笑ましいです。

あげている飼い主まで楽しくなれるので、たのしいおやつというコンセプトどおりに、期待も裏切らないところがいちばんの人気の秘密なのではないでしょうか。

ちゅ〜るCM☆左手で奪いとってたべています、笑

ちゅ〜るCM☆横のにゃんこの頭をおさえつけて食べてます、笑

そんな大ヒット商品、チャオチュールをうみだしたいなばさんは、チャオチュールのテレビとWEBのCMキャンペーンをされたそうです。

CIAOチュール第2弾・秋のCMキャンペーン

こちらは、愛ねこがチュールを食べている動画を応募し、選ばれるとTVのCMや、WebのCMに出演できる!という素敵なキャンペーンだったそうで、11月14日からテレビでは放送されているそうです。

秋のCM出演モデルねこちゃん大募集キャンペーン

CMに選ばれた全国のかわいいねこちゃんたちがチャオチュールを食べている動画がのってます♪

ちゅ〜るCM 目がキラキラなねこちゃん

 

バラエティが豊富で楽しい

人間もそうですが、おやつは特に嗜好品で楽しいものなので、新製品が出ていたり、めずらしいコンセプトのものが発売されると一度は食べてみたい!と思いますよね。


チャオチュールは、まぐろ、かつお、とりささみ、まぐろ&ほたて貝柱、宗田かつお&かつお節の5種類がメインとなっていますが、最近ではバラエティがさらに豊富になっていて人気がうかがえます。

他種類

  • とりささみ&日本海産かに
  • とりささみ&イカ
  • まぐろほたて味
  • とりささみほたて味
  • まぐろ海鮮ミックス味
  • とりささみ海鮮ミックス味
  • まぐろタラバガニ入り
  • まぐろほたてミックス味
  • かつお かつお節ミックス味
  • 金のだしちゅ〜る まぐろ
  • 金のだしちゅ〜る まぐろしらす入り
  • 金のだしちゅ〜る まぐろささみ入り
  • 金のだしちゅ〜る 高齢猫用まぐろ
  • ミルキーちゅ〜る まぐろ
  • ミルキーちゅ〜る まぐろ&ほたて貝柱
  • ミルキーちゅ〜る とりささみ
  • ミルキーちゅ〜る まぐろ&かつお節
  • ミルキーちゅ〜る とりささみ&日本海産かに
  • ミルキーちゅ〜る 毛玉配慮まぐろ
  • エナジーちゅ〜る まぐろ
  • エナジーちゅ〜る かつお
  • エナジーちゅ〜る とりささみ
  • まぐろ&まぐろ節
  • とりささみ&甘えび
  • 40本まぐろバラエティ
  • 40本まぐろかつおバラエティ
  • 40本とりささみバラエティ
  • まぐろ&贅沢サーモン
  • とりささみ&黒毛和牛
  • オホーツク海ほたて貝柱とりささみかつお節入り
  • オホーツク海ほたて貝柱とりささみしらす入り
  • グルメまぐろ しらす ほたて貝柱入り
  • グルメかつお かつお節 ほたて貝柱入り
  • グルメとりささみ かつお節 ほたて貝柱入り
  • グルメバラエティ
  • 毛玉配慮まぐろ
  • 消臭配慮まぐろ
  • 1歳までの子ねこ用まぐろ
  • 11歳からのまぐろ かつお
  • 11歳からのとりささみ

書き始めたことを後悔するほどのバラエティの豊富さで、、、今後もさらに無限に増殖しそうな勢いは、ご当地キティを彷彿とさせます、笑

バラエティ豊富なちゅ〜る

 

<おもな内容成分>

まぐろ、まぐろエキス、タンパク加水分解物、糖類(オリゴ糖等)、植物性油脂、増粘剤(加工でん粉)、ミネラル類、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)、ビタミンE、緑茶エキス、紅麹色素

この中で私が普段、健康のために注意して避けているものがタンパク加水分解物、糖類(オリゴ糖等)、増粘剤(加工でん粉)、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)、紅麹色素ですが、味覚が麻痺したり中毒性依存性があったり、食品のカサ増し目的&原価削減で使用されている事が多く、安全性で不安なためです。「安くて美味しく感じる」を簡単に実現するのに便利な添加物的な食品なので、加工食品にはかかせないものなのかもしれません。また、日本ではペットフードは食品ではなく雑貨扱いになっているため、製造の規制もアメリカやヨーロッパと比較するとかなりゆるくなっています。

一度、母からチュールが送られてきて、うちのにゃんずにあげたことがあったときに、あまりに美味しそうに食べるので、味見したことがあるのですが、化学調味料のアミノ酸の味と、甘みと塩気の味がものすごく濃かったのでそれ以来はあげなくなりました、、

ですが、以前いたねこが先天性の心臓病にになってしまい、余命が長くないような状況で、食欲もなくなってしまい、薬も飲ませないといけなかったので、チュールに薬を粉にしてまぜてあげたところ、渾身の力で美味しそうに食べてくれて、、、、本当に嬉しかったです。。チュールだけはなんとか食べれるのでなめさせたりつぶしたフードとまぜてあげてました。そのことを思うと、チャオチュールという商品をつくってくださったことに心から感謝しています。

おやつを与える注意

人間もそうですが、美味しいからと言って栄養バランスも考えずにおやつばかりをたくさん食べていたら太ってしまいます。

ねこが喜ぶからと言って、肥満を防ぎたい場合は、与えすぎには注意しましょう

肥満のリスクは人間と同じく、心臓や血管に負担をかけるため生活習慣病などのリスクが増えたり、重くて動きづらくなるので運動不足になりがちで筋力が低下してしまうと体が弱りやすくなります。(※個体差があり、食べ過ぎでも分解する酵素が遺伝的に多かったりもともと強い場合、肥満でも病気もせず長生きすることももちろん多くあります)

ねこに必要な栄養素は、肉、魚などの動物性タンパク質、脂肪、繊維、ビタミン&ミネラル、少量の炭水化物です。高品質のフードを選べば、食事だけでも栄養はとれますので、おやつは長くお留守番をしたときやお誕生日やイベントのとき、ブラッシングや爪切りをがんばったときのごほうび的にあげるなど・・めりはりをつけてあげるのでもいいと思います。

食事というのは宗教戦争になってしまうほど哲学、思想により価値観がわかれるものですが、それぞれ自由なので、飼い主さんの考え方でねこちゃんのお食事は選択すればいいと思います。

私は食べるのが好きでいろいろなお料理や栄養学などを習ってきたんですが、高級食材使用の有名シェフのケーキよりも母がよく作ってくれたマドレーヌのほうが好きなので、、栄養素や品質も重要ですが、いちばん大切なのは愛情かなあと思います。大切なねこちゃんを、いちばん注意してみてあげるのは飼い主さんしかいません。元気に幸せに楽しく日々過ごさせてあげたいですね♪

 

猫のおやつチャオのチュールは与えすぎに注意!でした

 

 

 

◇チンチラ 猫ブログ

にほんブログ村 猫ブログ ペルシャ猫へ
にほんブログ村